上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自費滞在してまで残りたい理由は

3ヶ月に一回しか会えない同期隊員と、帰国してしまう先輩隊員と

少しでも長く一緒にいたいから。


・・・というわけでクリスマス会開催


総勢9名の参加。

乾杯ののち、ビールも飲まずに黙々と食べ続けるメンバー(笑)

食事編はまた次回。


今回も1月1日が誕生日のF恵さんのバースデーをお祝いしました
IMG_0027_20111229193630.jpg
プレゼントはジョーセレクト。青がよく似合います!
20111224_26.jpg


その後、お楽しみーなプレゼント交換!

各自1万スム程度でプレゼントを準備してきました。

まずはふみえさんがくじを引いてけんちゃんのプレゼントが。かわいい時計でした。

けんちゃん←ももじらー
IMG_0077.jpg
クリスマス会直前に割れてしまったみたいなんだけど、
笑顔で受け取ってくれた、けんちゃんはいい奴だ。


ももじらー←ふみえさん
20111224_38.jpg
よかったねー。割れてないコップもらえて(笑)


N川さん←あけみん
IMG_0097.jpg
小物がいっぱい!おたのしみ袋みたいでした。

あけみん←ジョー
IMG_0110.jpg
“のりすけ弟”を連れてくる疑惑だったけど、なかなかいい帽子!
やるじゃんジョー


ジョー←N川さん
IMG_0117.jpg
なかなかのクォリティーなクレヨンしんちゃん&ワンピースのストラップ
そしてドラえもんシール。普通にうらやましい!

セトラさん←マーキー
20111224_45.jpg
お父さんからお母さんへの愛ですねぇ。


マーキー←オゾダ
IMG_0147.jpg
ウズ語の世界地図見つけて嬉しかったので(ロシア語はよく見る)
あとウズクオリティのノートと日本食。

オゾダ←セトラさん
IMG_0158.jpg
ロウソク2本と急須のカバー(かぶりたくなるよね)
マジで必需品!ありがとうございます


プレゼント交換って選ぶのももらうのも楽しいもんですね。


いっぱい笑った後は、また虫ポーカーを。

今回は人数が多いのでカップルに分かれてやりました。

初めてのメンバーもいたので、練習ね!とか言いながら2時間もかかった…

一番弱かったカップル
IMG_0176.jpg
罰ゲームで酒を買いに行かせてしまった…すみません
でも、普通にみてて面白かったです。


一番ラブラブだったカップル
IMG_0198.jpg
いやー、頭脳派だったね。

うちの相棒。意外と嘘が下手なやつ。
IMG_0212.jpg
『あ、じゃあ任せるわ!』ってお互いに…信頼厚いね!うちら(゚∀゚)


一番強かったカップルと1人身のマーキー(笑)
IMG_0169.jpg
いやー、意外だった!マーキーは一番に負けて酔っ払ってたね。


酔っ払って楽しそうだったね。お父さんは。

負けてつまんないもんだから、一人でどんどん乾杯して

あっという間に寝てしまっていた。

酒を追加で買いに行かせたのに寝てしまった×ゲーム。


IMG_0218.jpg
みんなの見つめる先には…


ププッ(゚∀゚ )
IMG_0217.jpg
スポンサーサイト
3日目は午前中に銀行へ。

予約していったけどかなり待たされ・・・

11時から会議があるの!と言うと慌てて対応してくれた。

無事3ヶ月分の生活費と家賃を手に入れ、これでウルゲンチに帰れる。


メディカルチームミーティングが2日間にわたって開催されるため

医療隊員は今日までが出張扱い。

医療隊員の人数は多いけど、まだチームでの活動は模索中。

でも、既存の日露医療辞書をデータ化する作業をやっていたのが今回で終了!

一仕事終えた気がしました。

地方隊員(しかも看護師隊員)のためのミーティングになってる気もするけど

こういう場で相談したり報告聞いて情報収集しなきゃ

正直やっていけないので、これからも続いていけばいいなと思う。

自分がチームリーダーになってから

辞書や資料の整備やらチームの組織化やら、やりたいようにやらせてもらったけど

経験年数豊富なメンバーのおかげで、なんとか形になってきた。

その時その時の人数や職種などメンバーに合わせて形も変わっていけばいいと思う。

…というわけで、勝手ながらリーダーの任期を終了させていただいた。

人数の多い3次隊に引き継いだほうが、もっと充実したチーム活動ができるだろうと。

はたしてメディカルチームが必要なのかというのも意見としてあると思うけど、

立ち上げてから組織化するのには時間がかかるわけで…

そこから動かしていくのはもっと時間がかかるわけで…

今後、医療隊員が定期的に派遣されると決まっているのなら存続していくべきと。

これ、夏に自問自答して導き出した答え。

だけど、まあこれから中心となる構成メンバーがまた考えていけばいいかなと。

決して投げ出したわけではないんだけど、残り半年、自分の活動で精一杯です正直。



首都にあがると毎回行く中華料理屋がある。

この日は予定のない22-1とウルゲンチメンバーで中華を食べに行った。

客が多いからかなんなのか、ビールはないは料理はでてこないわ…

なので、またカードゲームをした。
IMG_9849.jpg
先輩隊員にもらったポーカーゲーム(柄が虫)説明は難しいけど、面白い。

最近はタッチパネルでなんとかの電話が流行っててゲームもできるみたいだけど、

アナログなカードゲームもオモロイよ。


いつものメニューと、勘で頼んだ肉料理が美味しくて大満足!


ホテルに帰って、連日の睡眠不足ですぐにでも寝たいとこだったけど、

今後のセミナーについて、帰国前に先輩に相談。

不安はなくならないし自信もない。

このうえないプレッシャーに押しつぶされそうだけど負けれない。

でも少しだけヒントがほしい。

第1回は概要説明で終わったセミナーを、今後4ヶ月にわたり

4パートに分けて詳細に説明していくミッション。

とりあえず頭真っ白や(゚∀゚)

久々にフリーズ。




犬寒い
ぜんっぜん関係ないよ。この写真。でもこんな気分。
2日目は朝9時から5時までみっちりのスケジュール。

1年目の隊員の中間報告と帰国隊員の最終報告です。

人数が多いのに1日でやろうとすると、こんな無理なスケジュールに。

一番前に座ってるのに、寝てたりだるそうな職員がいて

発表するほうはさぞ嫌な思いをしたことと思います。

予算の都合でしか考えていないと思うんですが、削減するところはそこ!?

と聞きたい。

充実した報告会にするためにも、余裕をもったスケジュールにすべきと思います。

あと平日しか空いていない銀行に行って生活費もおろさないといけないし

銀行でスムーズに手続きがすまないのは周知の事実だし

地方隊員が増えてる現在、ちょっとその辺考えてほしいと思います。

ちなみに地方の銀行、国の都合で潰れるから口座作れとか言われても困ります。


まあお役所仕事にグチグチ言っても誰も取り合ってくれませんけどね。


報告会は、我々隊員にとっては自分の活動にも還元できるよい機会です。

特に今回1年目を迎えた22年度3次隊の方々はプレゼンが上手だなぁ

と思って聞いていました。

どの隊員も1年目、2年目でぶち当たる壁は似たりよったりです。

でも、各々で課題を見つけてチャレンジし続ける姿勢が報告に現れます。

自分が後輩のときは先輩隊員の活動にヒントを見つけ、

先輩隊員となってからは、他の隊員に刺激を受け…

そうやって1年目、2年目を乗り越えていくんです。


そして最終報告は一番身近でお世話になった先輩達。

複雑な気持ちで聞きました。

特にセトラ先輩の活動は、自分が見てきたものも違う感じ方があったり

違う考え方があったりで、同じ職場だったけど新たな発見も多いです。

病棟が違うし、お互いに新規なので、違って当たり前ですけど。
IMG_9645.jpg

最後のセミナー、大成功っていう言葉になんかすごくホッとしました。


あと最後のコレにやられました。
IMG_9650.jpg

2年間たくさんの思い出をありがとう、残りの活動がんばってねって・・・

泣けるわー。

でも、自分も同期や先輩や後輩、事務所の人、たくさんの人に支えられています。

最後まで活動を終えて、ありがとうございましたと言えるように

残りの活動もがんばろうと思います。

セトラさん、改めてありがとうございました。

託されました!残りのセミナー(ー_ー)!!



そして夜は送別会。 

帰国隊員に全ボランティアからプレゼントを贈呈するんですが、

今回、セトラ先輩のはウルゲンチで用意してはどうかと提案されました。

一生懸命考えたんだけど、ウルゲンチでいいものが見つからず、

ヒヴァまで行く時間すらとれなかったので、やっぱり幹事にお任せしました。

持って帰るのに邪魔にならなくて思い出に残るものを準備してくださって、

毎回、そういう気配りも幹事のみなさまには感謝です。

直前に、セトラ先輩への贈呈はオゾダから…と言われ、ドキドキでした。

いっぱい伝えたいことがあったけど、胸が張り裂けそうで、何もしゃべれませんでした。
DSC01130.jpg


それと、ウルゲンチ隊からの出し物。

IMG_9782.jpg
ウルゲンチでの思い出スライドを流しながら、小田和正をハモリで。
IMG_9786.jpg

個人的には、ウルゲンチ隊の熱い気持ちに感動してました。

出し物系苦手なメンバーで構成されているウルゲンチ隊(-_-;)

でも最後くらいしっかり気持ち伝えようよって…

全員そろって練習できたのも

スライドに歌を合わせたのも前日だったけど

本番で一番心のこもった歌声が横から聞こえてきて

こんないい仲間に囲まれていて幸せだなということと

セトラ先輩も幸せだったかなという思いと

一人いなくなっちゃうんだっていう寂しさと…

胸がぎゅーっとなって、泣くの我慢するのでいっぱいでした。

後から聞いたらもらい泣きしてた隊員がいたとか…



最後のフェルガナ隊の出し物は少し面白くて、それに救われました。

みんな多才だなぁ…と。

毎回送迎会では驚かされます。

…って、次は自分たちが送られる番なんだなぁと思うと変な感じ。


今までで一番、胸が張り裂けそうだった送別会でした。

また日本で会えるってわかってても、別れはさみしい。
家の片付けもままならないまま出張日の朝(゜∀。)

嫌な予感がしてたので、がっつり朝食をとりました。

空港につくと、他のウルゲンチメンバーもすでに到着。

そういえば、今まで医療隊員は1日早く上タシしてて別々だったし

全員そろうのは今回が初めて!

そして嫌な予感的中!

飛行機遅れてる~(-_-;)ご飯しっかり食べてきてよかったー。

タシケントからウルゲンチに飛んできていないので、こちらからも行けない…

ということで、暖房なしの極寒の空港でひたすら待ちました。

DSCF6228.jpg
でもね、6人もいるからカードゲームしたりしてね。

非常食のクッキー食べて、コーヒー飲みまくってね。

1人じゃなくてよかったです。

寒かったけど。


原因が霧だったので、昼には飛んで無事到着。

遅れに遅れ、メディカルチームミーティングはグダグダにしてしまったけど

夜は韓国料理でメディカルチームの歓送迎会。

首都クオリティに癒されました。
DSC01050.jpg

ここの韓国料理は初めてだったけど、メニューが写真付きで親切。

日本語訳も書いてあったんだけど、これにいちいち爆笑しました。


DSCF6237.jpg
酔っ払ってたからかなぁ。とりあえず全部笑ったなぁ…

牛の膝の柔らかい骨を濃く煮詰めた汁物
DSCF6239.jpg
くどい!

豚の頭肉に薬味など煮詰めた汁物!!
DSCF6238.jpg
こうやって書かれると ちょっと怖い・・・



1品20000スム前後ですけど、日本円に直すと600円くらい。

でも自分はウルゲンチで毎日3000スムくらいの食費で生活してるので

だいたい1週間分のご飯代が一品で消えるってことですね(;゚Д゚)!

さすが首都クオリティ…

それなりに、全て美味で平らげさせていただきました!韓国万歳!


翌日報告会発表者のメンバーが半数を占めていたので、早めに解散。


なんとなんと、今回バスタブ付きの部屋だったので、ホテル滞在が楽しみで!!

ゆっくりお湯をためて、惜しげもなくシャワーを浴びて、あったまったぁ(^ω^)

その後、ウルゲンチ隊で集合して、夜な夜な合唱の大特訓!

これについては次で…
最高気温マイナス13度のウルゲンチからこんにちわ。
IMG_9555.jpg

12月19日です。

運河も全て凍ってます。


こんなアホみたいに寒いなか、また引越しです。

ま、何回か記事に書きましたけど、金にがめつい大家に追い出されて

家探しをしていましたが、こんな真冬に空いてる部屋なんて

ガスか電気かお湯がなくて誰も住めない家だけです。

というわけで、帰国するセトラ先輩の部屋に住むことになりました。

先輩の家はガスはでないけどお湯が出ます。

大家は、自分の最初の家の大家と一緒で、引っ越すときに嫌な思いをしたので

ちょっと引っかかってるんですが

再契約の時に問題はなかったのでまあいっかと。


飲んだくれ会はオゾダ邸でしたので、翌日全ての荷物を移動。

引越し先を決めて2週間、1箱ずつ不要物からダンボールにつめて先輩の家に

運ばせてもらってたので、前回の引越し時よりはだいぶ荷物は少なかったけど

このクソ寒いなか、ウルゲンチメンズ隊には荷物運びを手伝ってもらい

ありがたやーありがたやー(-人-)


首都出張前に3日ほど居候させてもらいましたが、

先輩も不要物を全部整理しなくてもいいし、

活動のこと、家のことをいろいろ引き継ぎをしてもらい、

お礼にご飯を作って、お互いにとっていい結果だったかなと。

他のウルゲンチ隊に引き継がれるものも、とりあえず置いておけばいいし。

あ、あとセキュリティチェックがいらないので事務所にとってもいい結果ですね。


セトラさんの荷物と、自分の荷物が混在する部屋(笑)
IMG_9589.jpg

とにかく、先輩がお忘れ物のないように帰国していただかないと!

これは、いらないんですか?ホントに置いて帰るんですか?

ってひとつずつ聞きまくり(-_-;)

首都出張前日に、若干テンション狂いながら大騒ぎで片付けしまくり。
DSCF6218.jpg


セミナーが終わって1週間、先輩は報告会と帰国準備をしなきゃいけなくて

仕事のかたわら、自分は引越しと首都出張準備をしなきゃいけなくて…

お互いほとんど寝てない3日間。

でも1年半一緒だった時間のことかみしめてました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。